内装解体

内装解体とは、店舗やオフィス・テナントを明け渡す際に行う、内装の取り壊し作業や廃材撤去作業です。

内装解体の種類には、建物構造体以外の壁材・床材・その他の材料などを全て解体する「スケルトン工事」と、店舗や事務所に明け渡すために元通りの状態に戻す「原状回復工事」があります。

当社ではどんな内装解体の工事でも対応可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

内装解体のポイント

〇専門業者に頼んで費用削減
解体工事はリフォーム業者に依頼することもできますが、そこから下請けの解体業者へと外注するケースがほとんど。
そうなると、中間マージンといった工事とは関係のない費用がかかってきてしまいます。
解体作業は、私たちのような専門業者に直接ご依頼いただくことで、無駄な費用を抑えましょう◎

〇小さな解体もお任せ
ボロボロになったカーポートの解体や腐ってしまったウッドデッキなどの解体工事など、小さな工事も承っております。
「この一部分だけ取り壊してほしい…」といったご依頼がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

内装解体の種類

○原状回復工事
看板などの建物付帯物・諸設備の撤去や床・壁・天井などを修繕して元通りのきれいな状態に戻す工事。
店舗や事務所の移転や撤退、またはマンションの引っ越しなどをするときは、設備などを取り除いた状態で貸主に部屋を返す「原状回復」が義務づけられていることがほとんどです。

○スケルトン工事
建築物の外壁や屋根などの主要構造部分をそのまま残し、その他の内装や設備をすべて取り替える工事。
店舗の場合は、コンクリートの打ちっぱなしの状態にすることがほとんどです。

一覧ページに戻る